イラスト:Freepik

「足裏叩き」でぐっすり眠れる

眠れない日がある。

深夜0時の針を確認する。2時になっても、まだ眠れない。刻々と時は過ぎるのに、焦れば焦るほど、目が冴えてきてしまう。

こんな経験は誰にでもある。

そんな時は、寝る前の「足裏叩き」マッサージがよい。

細長い棒で、両足の裏を300回ほど軽く叩くと眠れる。

一度お試しあれ。

ねる

 

参考文献:「昔ながらの薬ごはん」桜井智子編集 宝島社