イラスト:Freepik

ヒマワリ種・カボチャ種を1日にスプーン1杯

ヒマワリの種にはタンパク質、カルシウム、鉄、ビタミンなどの栄養がある。肌や皮膚を守ってくれる強い味方であると同時に、血圧を下げる効果もある。

一日にスプーン1杯食べるとよいといわれている。

カボチャの種もタンパク質、ミネラル、ビタミンを豊富に含み、実より栄養が高いといわれるほど。

貧血予防やコレステロ-ルを低下させる効果があるので、捨てずに食べること。

殻付きのまま、2~3日天日干しで乾燥させてから、焦げ目がつくまで煎り、塩を少しかけて食べると美味しい。

カボチャの種1

 

参考文献:「昔ながらの薬ごはん」桜井智子編集 宝島社