イラスト:Freepik

江戸の温泉療法、湯治

徳川家康が湯治に訪れた熱海。

それから有名な温泉地になったといわれている。

日本人は古くから疲れや怪我を癒しに温泉を利用してきた。

江戸の温泉番付がある。

西の大関 — 有馬温泉(摂州)

東の大関 — 草津温泉(群馬)

西の小結 — 道後温泉(予州)今の愛媛

東の小結 — 男鹿温泉(秋田)

%e5%85%a5%e3%82%8c%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%94

参考文献:「養生訓」貝原益軒著

東京大学名誉教授 木村正三郎解説

やずや編集部 訳