イラスト:Freepik

唾液はガン細胞を溶かすという、ゆっくり噛んで唾液をしっかり出そう!

食べたものは消化液によって溶かされる。

消化液がしっかり出るには、始めの一口をゆっくり噛んで唾液をよく出すことが大切。

 唾液がよく出るように始めの一口をしっかり噛む!

唾液のパワーはすごい!

健康な人の唾液にガン細胞を入れると、じわーとガン細胞が溶けていくというから驚きだ。

それなら、唾液がしっかり出るように、ゆっくり噛む、ゆっくり食べることを毎日の食事で心がけてはどうか。

%e5%92%8c%e9%a3%9f

 

私はもう40年近く、早食い。

昼食は仕事をしながら、それこそ10分そこそこで食べ終わるという生活が続いた。だから、今でもつい早食いの癖が治らない。ゆっくり食事を楽しむという習慣がない

そこで、食事の際にには、まずお箸でご飯を一つまみ。

始めのひとつまみだけは、ゆっくりしっかりと噛むようにしようと思う

 

%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%81%a1

始めの一口をよーく噛んでたっぷり唾液をだそう!

始めの一口で自分の腸管がきれいにクリーニングされるとイメージしよう。唾液が十分出る食事の仕方をすると、それに続く胃液や膵液も出やすくなるので、消化がスムーズになる。

一日に出る消化液の量

唾液‥1.5~2.0ℓ

胃液‥2.5ℓ

胆汁‥0.5ℓ

膵液‥1.5ℓ

腸液‥1.0~2.0ℓ

合計‥7.0~8.5ℓ

こんなにたくさんの消化液に助けられて、食物は栄養になり吸収され、いらなものは便や汗や尿で排出される。なんともありがたい話である。消化液ができるだけ働きやすいようにちょっとした工夫をしよう。始めのひとくちだけ、ゆっくり噛んで唾液をよく出そう!

参考文献:「ガンにならない人の3つの習慣}おのころ心平 大和出版