イラスト:Freepik

出がらし茶葉はふりかけにして再利用!

出がらし茶葉はふりかけにして再利用!

お茶の葉には、水に溶けない成分で栄養価の高いものが沢山ある。

ベータカロチンやビタミンE、クロロフイルなどが茶殻とし捨ててしまっている栄養分。

出がらし茶を捨てるのは、ちょっと待って!!

これを料理に丸ごと使おう。

お茶ふりかけの作り方

1、使ったお茶の葉を、天日干しで乾燥させる。

出がらし茶ふりかけドクダミ茶を入れた後の出がらし。

出がらし茶ふりかけ2ザルに広げて天日干しをする。

乾燥

カラカラに乾燥した。

2、すり鉢やミルで細かくする。

出がらし茶ふりかけ3

3、炒める。油をひいて弱火で軽く炒める。

4、塩少々、煎りゴマ、だしなどお好みで混ぜ合わせる。

出がらし茶ふりかけ4

5、香りづけにゴマ油をつけたら出来上がり。

出がらし茶ふりかけ5ゴマ油の香りがぷーんと広がる。

あら

真っ白なご飯にかけて、召し上がれ。

参考文献:「昔ながらの薬ごはん」桜井智子編集 宝島社