イラスト:Freepik

生卵の薄皮で傷口を塞ぐ方法は、プロレスラーも使っている!

生卵の薄皮を傷口に貼りつけておくと、血が止まり早く傷口がふさがるそうだ。

これは、プロレスラーがよく使う治療法。

額を割って血みどろになっても、医者に行かずこの方法で治してしまうというから驚きである。

卵の薄皮

卵の殻を、水に30分くらい浸しておくと、薄皮は簡単にはがれる。

参考文献:「昔ながらの薬ごはん」桜井智子編集 宝島社