イラスト:Freepik

「おまじない」は無病息災の祈願方法、現代に続く年中行事

誰でもできる「おまじない」は無病息災の祈願方法として最も手っ取り早く、心の安定ももたらしてくれる大切な行いであった。

正月元旦は、一年の健康を願いお屠蘇(おとそ)を飲む。

屠蘇とは、お正月に家族で飲む薬酒のこと。

江戸期のお正月の膳には欠かせないものだったようだ。

%e9%85%92

同じく健康を願う正月の風習に、「七草粥」がある。

毎年1月7日に、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草をお粥に混ぜて食べる。

一年の万病を免れるためのおまじないだが、健康への効果も高い。

7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日に当たる。

七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸を労わり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もある。この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになった。

だいこん1

ナズナ1

芹(せり)
……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
薺(なずな)
……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材。
御形(ごぎょう)
……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
繁縷(はこべら)
……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
仏の座(ほとけのざ)
……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
菘(すずな)
……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
蘿蔔(すずしろ)
……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

参考文献:「江戸の医学」酒井シズ監修 ワニ文庫