イラスト:Freepik

頭痛にホウレン草枕、ニキビに茹で汁

ポパイの力はホウレン草

ポパイは、はじめブルータスにやっつけられる。ポパイの恋人オリーブにも危機が及ぶ。そこで、ポパイはホウレン草を食べる。

すると、力こぶができて、体がモリモリと改造され、ブルータスを一瞬のうちにやっつける。

私のホウレン草のイメージは、いつもポパイの力こぶ。

ホウレン草1

 ホウレン草枕が貧血の頭痛を鎮める

貧血が原因の頭痛がある。

貧血は、赤血球の減少などによって起こる。赤血球は、全身に酸素を送る働きをするので、貧血になると、全身に行き届く酸素の量が減ってしまう。
当然、脳に届く酸素も少なくなるため、脳が酸欠状態になり頭痛を引き起こす。また、貧血になると血行も悪くなるため、肩コリや緊張型頭痛になることも。

貧血の改善には、鉄分とタンパク質が必要。赤みの肉やレバー、ホウレン草など、モリモリ食べよう!

ホウレン草をさらし布などに包んで、枕にして寝ると、貧血の頭痛に効果があるそうだ。寝ている間に、間接的に頭痛を癒してくれるのは、なんともありがたい。。

このホウレン草枕は、血栓を予防する力もあるらしいので、血圧の高い人にもおススメ。

ほう

 

ホウレン草のゆで汁洗顔で、スベスベ肌に!

ホウレン草はビタミンを豊富に含む栄養価の高い食品。

ゆで汁には、サポニンという物質が大量に溶け出している。(サポニンは苦みやえぐみの成分。)

サポニンは、顔の油脂を溶かし汚れを落とすから、ニキビや肌荒れに効き、肌をスベスベにする働きがある。

おひたしを作った後のゆで汁を捨てずに、洗顔してみてはいかが!?

ホウレン草6

ホウレン草とオリーブオイルで日焼け予防

カロチンたっぷりのホウレン草とビタミンE,Dが豊富なオリーブオイルを一緒に食べると、紫外線による日焼けの予防になる。

カロチン(ビタミンA)はガン予防にも効果があるので、日差しの強い地中海地方に暮らすイタリア人も、この組み合わせのパスタなどを、皮膚ガン予防に食べているという。日焼け止めを塗るのもいいが、食べ物で日焼け防止するのも一つの方法。

ホウレン草4

成分・効能

成分

カロチン、ビタミンB群、ビタミンC、

カルシウム、カリウム、鉄、、葉緑素など。

ホウレン草は鉄分の含有量が多い。しかも、造血作用のある葉酸や、鉄分の吸収をよくするビタミンC、血液をきれいにする葉緑素もタップリ含まれているので、理想的な貧血予防食品。

カロチン、ビタミンB群、カルシウム、カリウムなども豊富なので、肌や髪をつややかにし、風邪の予防や高血圧にも効果がある。

効能

貧血、風邪、高血圧、冷え性、便秘、胃腸病、リュウマチ、痛風、ガンなど。

ホウレン草のポタージュ

ガン、胃腸病、リュウマチ、痛風、貧血、美肌などに効果がある。

作り方

1、ホウレン草は根元を広げる様にして、きれいに洗い、茹でる。(根元に以外に砂が溜まっている)

ホウレン草3

茹でる時には、根元から沈めていく。

ホウレン草5

2、茹であがったら、細かく刻んで裏ごしする。あるいはミキサーで。

ホウレン草8

3、すり潰した松の実と一緒にコトコト煮る。とろみがついたら、塩少々で味付けする。

ホウレンソウ9

ホウレン草の和え物

ガン、胃腸病、リュウマチ、痛風、貧血、美肌、便秘に

1、ホウレン草をきれいに洗って茹でる。

2、刻んだ松の実、摺ったゴマと和える。

3、醤油少々で味付けする。

ホウレンソウ10

 

美味しい食べ方

茹でて水洗いすれば、シュウ酸が取り除ける。

茹でれば、沢山食べることができる。お浸し、胡麻和えなどにしてどんどん食べよう。根元の赤い部分には、鉄がたくさん含まれているので、捨てずに食べる。

ホウレン草7

選び方と保存の仕方

緑色が鮮やかで、葉がピンと張ったみずみずしいものが新鮮。

長さ20~25cmくらいが美味しく、大き過ぎるものは味が落ちる。

鮮度が落ちればビタミンCが減るが、濡れた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、根を下にして立てて冷蔵庫に入れておけば、1週間はもつ。

ホウレン草2

注意・禁忌事項

・ホウレン草に含まれる鉄分は、肉や魚に含まれるヘム鉄と異なり、有機構造をもっていないので、人間の体は吸収するのが難しい。それを解消するために、タンパク質と一緒に摂るのがおススメ。肉や魚、卵、チーズ、牛乳など。

・ホウレン草には、シュウ酸を含め、ミネラル類が多いため、腎臓に疾患のある方は、多量摂取を控えるようにしてください。

 

参考文献:「台所はくすり箱」市川加代子著 銀河出版舎

「クスリになる食べもの」菅原明子著 ナツメ社

「昔ながらの薬ごはん」桜井智子編集 宝島社