イラスト:Freepik

ニラ料理で糖尿病・貧血予防。ニラ青汁で喘息・傷・中耳炎の手当て

にら1

餃子、野菜炒め、レバニラになくてはならないニラ。

独特の臭いが、美味しさの秘訣。

スタミナ野菜の代表ニラの様々な使い方を紹介する。

 

糖尿病、疲労回復にニラのゴマ和え

作り方

1、ニラをよく洗う。

2、細かく刻む。

にらきざむ

3、さっと塩ゆでする。

4、すりゴマで和えて、醤油で味付けする。

にら3

 

ニラを使った手当法、ニラの青汁

洗って、刻む。

すり鉢で、よくすって、ガーゼで、しぼる。

にら4

にら5

*盃に1杯飲む‥‥日射病・胃痛・喘息・風邪

*塗る‥‥打撲・切り傷・鼻血・中耳炎

葉を塩もみ、湿疹に

葉を塩もみして、患部に当てておくとよくなるそうだ。

成分・効能

成分

カロチン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、カリウム、カルシウム、マグネシウム、葉酸、硫化アリルなど。

余分なビタミンB1は、貯蔵されずに排出されてしまうが、ニラのにおいのもとである硫化アリルは、ビタミンB1を体内にとどめる働きをする。

他のネギに比べ、ニラにはカロチンが豊富に含まれている。カロチンは体内でビタミンAに変わり、身体に抵抗をつけるし、体内にためることもできる。

効能

疲労、胃もたれ、風邪、冷え性、

体を温める効果があり、昔から、寒地方でよく食べられた。冷え性や神経痛に効くといわれている。

胃腸が丈夫になり、風邪もひきにくくなるので、古代から薬草として使われていたそうだ。

血液の汚れをきれいにし、貧血を予防する働きがあるそうだ。

 

風邪の時には、ニラ玉雑炊がおすすめ!

1、ご飯に、ニラ、がらスープの素、だしを入れて煮込む。

2、煮込んだら、器に盛り、溶き卵を回し入れ完成。

彩りがきれいなので、食欲がわく。

風邪かなと思ったら、薬を飲むより、スタミナ野菜のニラ雑炊を食べて、さっと休もう。

選び方

葉が鮮やかな緑色で、葉先までピンとしているもの。

傷がつきやすく、しおれたり腐ったりしやすいので、新鮮なものを選ぶように。

切り口が新しく、香りが強いものが新鮮。

参考文献「クスリになる食べもの」菅原明子著 ナツメ社