イラスト:Freepik

手前味噌の作り方、大豆・麹・塩を使って自家製味噌を作ろう!

犬山オーガニックビレッジで味噌作りの講習会に出た。

そこで教えていただいた手前味噌の作り方を紹介する。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a    手前味噌講習会の様子。

 手前味噌の作り方

材料

大豆‥220g

麹‥500g

塩‥100g

%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%98

 

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%91

作り方

1、大豆を洗って水につける。(大豆の2~3倍の水で12~18時間、一晩くらい)

2、大豆を煮る。(圧力鍋で20分、普通の鍋なら3~4時間)普通の鍋は水をたくさん入れる。

3、麹をばらす。

%e9%ba%b9%e3%82%92%e3%81%b0%e3%82%89%e3%81%994、塩と麹を混ぜる。(蓋をする前に塩を撒くので、大さじ1~2杯分残しておく)

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%95

5、大豆を袋に入れて、お好みの硬さに潰す。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%92

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%93 かなり柔らかくした。大豆の粒が残っていると、粒がある粗い味噌になる。

6、塩入麹と、潰し大豆を混ぜてよくこねる。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%96    よく練った大豆の入った袋に塩麹を入れる。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%97    よくこねて、しっかりと混ぜる。

7、団子にして、タッパの中に入れていく。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%98

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%99

団子に空気が入らないように、よくこねる。

団子をタッパーに入れたら、ぎゅっぎゅと抑えて、さらに空気をしっかりと抜く。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%91%ef%bc%90

どんどん、団子にして詰めながら、押しつぶして空気を抜いていく。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%911

8、全部敷き詰めたら、残しておいた塩で蓋をする。

%e5%91%b3%e5%99%8c%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8a%ef%bc%91%ef%bc%949、半年後に、天地返しをする。

天地返しの仕方

1、表面のカビを取り除く。(表面にカビができているそうだ)

2、カビを取ったら、中の味噌を別の皿などにすべて出して、容器をきれいに洗う。

3、もう一度、味噌を容器に戻す。*塩で蓋をする必要はない。

*天地返しをすることで、香り豊かな美味しい味噌になる。

天地返しとは、味噌の上の部分と下の部分をひっくり返すということ。

仕込みから10か月で完成。

仕込んだ日に、シールを貼って天地返しとで上がりの比の目安にする。

今回は9月11日に仕込んだから、半年後の2017年3月11日に天地返しをして、味噌を食べられるのが6月ごろから。味噌は2年3年仕込むと美味しくて栄養価も増すということだから、定期的に手前味噌を作り置きしておくことがいいと思う。

出来上がりが楽しみ!!!